NPO法人精神疾患死後脳・DNAバンク運営委員会 - 研究事業

JAPANESE

ENGLISH  


研究事業

 

 

■ 研究組織機構図


■ 現在の保存状況

研究室には大型と小型ディープフリーザーが設置され、温度監視システムにより1日3回フリーザーの温度がスタッフにメール送信され、緊急故障時には警報メールが送信され、アラームと液体二酸化炭素ガスボンベが自動的に作動するようになっています。半球は−80℃凍結、半球はホルマリン固定により保存しています。

剖検数

55例(患者脳52例、健常者脳3例)

 実際バンク保存しているのは53例

・ 統合失調症  32例
・ 双極性障害 8例
・ 精神遅滞 1例
・ 認知症 3例
・ ステロイド精神病 1例
・ ハンチントン 1例
・ パーキンソン病 2例
・ アルコール依存 1例
・ 身体表現性障害 1例
・ 健常脳 3例

保存53例の内、

・ 全脳固定 9例

・ 半球固定半球凍結 44例

 2例は病理部保存(脳膿瘍1例、長期間人工呼吸器装着1例)




ホルマリン固定保存

一個ずつ専用のバケツで保存されている

ディープフリーザー1(−80℃保存)

 


ホルマリン保管庫とディープフリーザーは常時施錠され、その鍵は暗証番号付の鍵入れに保管している




■ 死後脳試料の共同保管管理者

福島県立医科大学医学部 病理病態診断学講座 教授   橋 本  優 子

       死体解剖資格  1996/09/2
       日本病理学会認定 病理専門医 1997/07/28

 


■ 死後脳の保管場所

福島県立医大医学部神経精神医学講座 組織研究・組織保管室

福島県立医科大学会津医療センター 実験室

 


■ 死後脳試料の神経病理学的検索

東京都健康長寿医療センター神経内科・バイオリソースセンター・神経病理(高齢者ブレインバンク)部長 村山繁雄先生に委託している

 


■ 試料提供について

当ブレインバンクでは保存試料の提供も事業として行なっています。提出いただいた研究計画を運営委員会で審議した後、提供の有無が決定されます。以下の施設に試料を提供した実績があります。

共同研究施設
福島県立医大医学部神経精神医学講座および学内、会津医療センター、解剖組織学講座、基礎病理学講座、生体情報伝達研究所生体物質研究部門、病理病態診断学講座。学外、滋賀医科大学法医学教室、浜松医科大学分子解剖研究部門、徳島大学医学部神経内科、新潟大学脳研究所、東北大学大学院医学系研究科精神神経生物学分野、徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部法医学分野、東北大学大学院薬学研究科、国立病院機構鳥取医療センター、大阪大学大学院医学系研究科情報統合医学講座精神医学教室、九州大学大学院薬学研究院生体分析化学分野、理化学研究所、公益財団法人がん研究会がん研究所、東京都健康長寿医療センター、秋田大学生体情報研究センター、熊本大学大学院生命科学研究部総合医薬科学部門創薬科学講座薬学微生物学分野、徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部精神医学分野、生理学研究所、東京大学医学部附属病院精神神経科、大阪大学大学院薬学研究科神経病理学分野、大阪大学大学院連合小児発達学研究科・医学系研究科、東京大学、国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター


■ DNAバンクについて

DNAバンクでは精神疾患患者さんの血液サンプルの収集、DNAの抽出、保存、解析を行っています。研究内容としては疾患関連遺伝子に関する共同研究への参加のほか、精神科薬物療法における反応性・副作用発現との関連を調べる薬理遺伝学的研究を行っています。薬理遺伝学とは、遺伝的素因による薬理作用の相違を研究対象とする学問であり、薬物療法によりもたらされる治療効果や副作用などと遺伝的要因の関連について調べています。これまでDNAバンクでは下記のような研究を行ってきました。

@ 統合失調症における非定型抗精神病薬の治療反応性とドパミン、セロトニン関連遺伝子
 (DRD2 Taq1A遺伝子多型、DRD2 -141C Ins/Del遺伝子多型、COMT遺伝子多型、5HT2AR T102C遺伝子多型など)
A 統合失調症の薬物療法における副作用発現に関する薬理遺伝学的研究(メタ解析)
 (DRD2 Taq1A遺伝子多型、DRD2 -141C Ins/Del遺伝子多型、BDNF Val66Met遺伝子多型)

この薬理遺伝学的研究では,高速液体クロマトグラフィー(HPLC)法を用いた血漿モノアミン代謝産物濃度測定も合わせて行い、ドパミンやノルアドレナリンなどの神経伝達物質の動態との関連を調べる研究を行っています。


■ DNAバンク登録者数

402名 (平成29年5月現在)


■ DNAバンク 累積登録者(検体)数


■ DNAバンクの保存状態の写真

■ 論文

(英文論文)

  1. Seiriki K, Kasai A, Hashimoto T, Schulze W, Niu M, Yamaguchi S, Nakazawa T, Inoue KI, Uezono S, Takada M, Naka Y, Igarashi H, Tanuma M, Waschek JA, Ago Y, Tanaka KF, Hayata-Takano A, Nagayasu K, Shintani N, Hashimoto R, Kunii Y, Hino M, Matsumoto J, Yabe H, Nagai T, Fujita K, Matsuda T, Takuma K, Baba A, Hashimoto H. High-Speed and Scalable Whole-Brain Imaging in Rodents and Primates. Neuron. 2017;94(6):1085-1100.e6.

  2. Nishiura K, Ichikawa-Tomikawa N, Sugimoto K, Kunii Y, Kashiwagi K, Tanaka M, Yokoyama Y, Hino M, Sugino T, Yabe H, Takahashi H, Kakita A, Imura T, Chiba H.PKA activation and endothelial claudin-5 breakdown in the schizophrenic prefrontal cortex. Oncotarget. 2017;8(55):93382-93391.

  3. Miura I, Kunii Y, Hino M, Hoshino H, Matsumoto J, Kanno-Nozaki K, Horikoshi S, Kaneko H, Bundo M, Iwamoto K, Yabe H. (2018) DNA Methylation of ANKK1 and Response to Aripiprazole in Patients with Acute Schizophrenia: A Preliminary Study. J Psych Res (in press)

(邦文論文)

  1. 國井泰人、和田明「生前登録システムに基づく精神疾患ブレインバンクの取り組み」医学のあゆみ 261(10):969-975,2017.

  2. 長岡敦子、國井泰人、松本純弥、日野瑞城、矢部博興「幻聴体験の分子メカニズムを考える-抗EGFR抗体,抗VEGF抗体の投与後に一過性の対話性幻聴を呈した1例」精神医学59(12) :1141-1145,2017.

以前の研究事業(論文発表)はこちら

■ 邦文抄録

以前の研究事業(学会および研究会での発表)はこちら




■ 学会発表

(国際学会)

(国内学会)

  1. 國井泰人:シンポジウム30精神科臨床と脳病理-精神科ブレインバンクへの期待- 生前登録制度に基づく精神疾患ブレインバンクの実践〜当事者と研究者が協働する研究体制とは〜. 第113回日本精神神経学会総会学術総会,名古屋,2017/6/23
  2. 國井泰人:若手研究者育成プログラム・プログレスレポート, 精神疾患死後脳研究:ジェネティックニューロパソロジー及びリソース利用の有用性. 第39回 日本生物学的精神医学会,札幌,2017/9/29
  3. 和田明 國井泰人 日野瑞城 松本純弥 長岡敦子 丹羽真一 竹島明 高橋均 那波宏之 柿田明美 笠井清登 矢部博興;統合失調症脳における慢性炎症関連分子のジェネティックニューロパソロジー. 第13回日本統合失調症学会,徳島,2018/3/23
  4. 國井泰人、日野瑞城、松本純弥、長岡敦子、丹羽真一、矢部博興 ; 精神疾患死後脳研究の最前線.若手中堅シンポジウム1「ここまで分かった統合失調症〜分子生物学的研究〜」 . 第13回日本統合失調症学会,徳島,2018/3/24

以前の研究事業(学会および研究会での発表)はこちら









 ページ上部へ

NPO法人精神疾患死後脳・DNAバンク運営委員会
精神疾患死後脳・DNAバンク

Tel: 090-7322-8213
Mail: info@fmu-bb.jp

賛助会・パネルの会

Mail: bbdna.sanjyokai@gmail.com

Copyright 2006 (C)BrainBank All Rights Reserved