賛助会 - ごあいさつ

JAPANESE

ENGLISH  


ごあいさつ


精神疾患死後脳バンク賛助会 「つばめ会」
DNAバンク賛助会 「レインボーブリッジクラブ」

会長 丹羽 眞一

 

 ブレインバンク、DNAバンク賛助会の事業につきましては、会員の皆様の御理解と、御協力を頂きまして着実に行えていますことに、厚く感謝申し上げます。 平成27年6月21日には平成27年度の両賛助会合同総会を無事にとりおこなうことが出来ました。この合同総会におきましては、会長、副会長、理事、監事の選任を行っていただき、新体制でこれからの4年間の賛助会事業を行ってまいることとなりました。私は新体制の下、会長といたしまして、皆様の御協力を頂きながら、賛助会事業をこれまで同様、着実に進めてまいりたいと考えておりますので、よろしくお願い申し上げます。

 賛助会の事業は大きく申しますと、ブレインバンク、DNAバンクの事業を物心両面からサポートすることです。それを細かく申しますと、(1)両バンクを財政的に支える、(2)バンクの事業を広報する、(3)バンクへの登録をしていただく協力者を募り、実際に登録していただく、(4)献脳頂いた方々に感謝し、その御霊を慰霊する、ということになります。

 (1)の事業のためには、賛助会の会員になっていただく団体、個人が増えますとしっかりと行うことが出来ますので、会員が一層増えますように努力してゆきます。皆様の御協力を大いに期待しているところでございます。 (2)の広報事業につきましては、会報の発行はもちろんのこと、各種雑誌に案内記事を掲載して頂く、県内外のいろいろな会合でお話をさせて頂くなどを行ってきております。幸い、東京や静岡で当賛助会の事業を応援して下さる当事者会が協力を申し出てくださり、お話させていただく機会が増えております。当事者の方々にお話させていただく機会が更に全国に広がることを期待しております。

 (3)の登録に関しましては、ブレインバンクへの生前登録を172名の方にいただいており、DNAバンクへの実際の提供を468名の方に行っていただいております。また、実際に献脳を52名の方にしていただいております。最近では生前登録をしていただいた方がお亡くなりになられ、実際に献脳をしていただいた方が徐々に増えてきております。これまでに8名の方が生前登録にもとづいて献脳頂きました。尊い御遺志に感謝申し上げます。(2015/11現在の人数です)

 (4)の感謝と慰霊の気持ちは、毎年の総会の折に慰霊の儀を行うことにより、私たちの気持ちを亡くなられた方々へお伝えし、ご遺族へお伝えすることとしております。 以上のような賛助会の事業を、皆様の御協力を頂きながら進めてまいりたいと思いますので、よろしくお願い申し上げます。


会長 丹羽 眞一


※ Twitterは発信専用として活用するため、個別の返信には対応しておりません。 あらかじめご了承ください。
個別の対応をご希望の方は、問い合わせ先までご連絡ください。

 ページ上部へ

NPO法人精神疾患死後脳・DNAバンク運営委員会

〒960−8157 福島市蓬莱町1丁目2-35 丸山ハイツ101号室

精神疾患死後脳・DNAバンク(事務連絡先)

〒960−1295 福島県福島市光が丘1番地
公立大学法人福島県立医科大学医学部
神経精神医学講座気付

TEL 090-7322-8213

info@fmu-bb.jp

Copyright 2006 (C)BrainBank All Rights Reserved